大阪などのM&A会社は企業価値シミュレーションが重要

企業の買収や吸収に踏み切る場合、該当する企業に十分な価値があるかどうかの判断が極めて重要になります。大企業はターゲットの企業価値をシミュレーションによって分析、評価する部署を持っていますが、東京や大阪に数多い個人経営的の中小企業ではそうしたノウハウを持つのは困難です。中小企業のM&Aで難しいのはこの企業価値の評価です。限りなく正確な企業価値判断ができる専門企業に依頼することがベストマッチングを得る可能性を高めます。
しかし企業価値を一義的に決めることは困難です。企業価値の最大化が日本経済における焦点であると結論づける一方で、各企業の体質や風土の重要性に言及して、最終的には絶対的な正解はないとしています。絶対的な評価方法が存在しないからこそ、いくつかの評価方法の中からターゲットになる企業に最適の方法を選択するか、複数の方法を実施して価値を算出するシミュレーションが重要になります。

企業価値を算定する三つのアプローチ

企業価値を算出する主な方法は3種類あります。第1にインカムアプローチです。企業のM&Aの際に実施されるポピュラーな評価方法で、今後期待できる利益を算定し、その利益を実現する際にカウントできるリスクなどを考慮した割引率で割り引いて導き出す手法で、東京や大阪に存在する中小の会社でも対象にできます。
メリットとしては限定的な情報しかなくても短期間で算出できることが挙げられます。会計基準が異なると影響が出る点に留意します。第2にコストアプローチで、会社の純資産を基準にして評価します。一定の時点での純資産を評価したい場合には適しています。将来企業が稼ぐキャッシュの要素が入りにくいのでこの点の独自評価が大切です。第3にマーケットアプローチです。これは同業他社の状況や、類似した過去の取引実績などを比較照合することで、価値を相対的に評価する手法です。これも前記した二つの手法と同様のメリットと注意点があります。

複数の評価手法で企業価値の近似値を求める重要性

会社の魅力と言える企業価値を高めることは、中小企業にとって倒産を防いだりM&Aの際に優位性を確保するといったメリットがあります。限りなく精緻な企業価値の算定方法は大切であり、中小企業の企業買収や吸収を得意とする専門企業にとっても重要です。
将来の収益性をベースに考えるインカムアプローチ、過年度の蓄積をベースに考えるコストアプローチ、類似した企業の株価などをベースに組み込んだマーケットアプローチの3手法のうち、最適な手法単独の方が適しているケースでは単独での分析を行い、異なる視点からのデータが必要と判断される場合は複数の評価手法をブレンドして算定することになります。この手法は東京や大阪に数多く存在する中小企業の企業価値を評価する際に重要となりますが、絶対的なものは存在しないので、中小企業の合併や吸収を得意とする専門企業をしっかり選ぶことが中小企業の経営者にとって重要な経営判断になります。

ピックアップ記事

大阪などのM&A会社は企業価値シミュレーションが重要

企業の買収や吸収に踏み切る場合、該当する企業に十分な価値があるかどうかの判断が極めて重要になります。大企業はターゲットの企業価値をシミュレーションによって分析、評価する部署を持っていますが、東京や大阪...

東京や大阪の専門会社によって異なるM&Aの手数料

会社同士の合併などは大企業であれば当事者同士で極秘に進めるのが一般的ですが、ノウハウを持たない東京や大阪の多くの中小企業の場合は中小企業M&A専門企業をいかにうまく活用するかに成否がかかってきます。そ...

大阪の会社でもネットで可能なM&A問い合わせ

中小企業の場合、合併や買収を望んでいるけれども自分の会社には知識もノウハウもないというケースが大半ですが、そういう場合に役に立つのが東京や大阪などの大都市で中小企業M&Aビジネスを展開している専門企業...

大阪でも顕著な中小企業向けM&A専門会社の台頭

経済がグローバル化する中で、大企業は市場を海外に広げたり大型合併によって生き残り戦略を図っています。しかし国内市場への依存度が高い中小企業はマーケットの縮小や経営者の高齢化といった共通の悩みを抱えなが...


コンテンツ

カテゴリー